Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OKAYAMAロードレース第3戦

6月1日、チームはツインリンクもてぎでの疲れも癒えないまま
岡山国際サーキットで開催されたOKAYAMAロードレース第3戦に挑みました。
参戦したのはJ-GP3クラスに高谷純平(16)と中山愛理(16)の2名です。

予選
高谷純平
3位
タイム:1'40.543(自己ベスト更新)

中山愛理
5位
タイム:1'41.476(自己ベスト更新)

高谷はGP3車両での走行キャリア不足を埋めるべく
数週間に渡って岡山で黙々と練習を重ねました。
その結果が実り、予選では自己ベストを大きく更新。
周囲のライダーの特徴も掴んで、決勝に向け準備万端の予選となりました。

対する中山は自己ベストをわずかに更新するも
自分の思ったような展開にならず、加えてチームメイトの高谷に
タイムで大幅に差をつけられたことで、予選後、かなり困惑していました

決勝
中山
3位(インタークラス2位)
レースベストラップ:1'40.363(自己ベスト更新)

高谷
4位(インタークラス3位)
レースベストラップ:1'40.530(自己ベスト更新)

岡山R4-1

決勝は最近の岡山地方選には珍しく
5台のトップ争いとなりました。
高谷と中山はそのトップグループの中で3位を争う展開。
高谷は積極的に前を狙う攻めの走り。
中山は少しでも気を抜くとトップグループから離されそうで
グループ最後尾での必死の走り。

岡山R4-2

そんな展開が終盤まで続きました。

残り2周で、ずっと最後尾にいた中山が1コーナーで4位に浮上。
更に最終ラップの2コーナーで高谷がトップの2台の間に割って入り
トップグループはバックストレートに入ります。
ここで勝負の流れが大きく動きました。
周回遅れがからみ、その車両に引っかかった形になった高谷が
集団最後尾まで落ち、中山が3位に浮上。
高谷はヘアピン進入で再度ポジションをあげて4位浮上。

岡山R4-3


そのままのオーダーでチェッカーとなりました。

今回の地方選では高谷、中山共に自己ベストを大幅に更新してのレースとなりました。
ここにきてチーム複数台体制の効果がいい方向に出てきました。
敵に勝つには、まず身近な敵を倒さなければ、前には進めないです。
ライダー達はチーム内でいい競り合いをしながら、更に磨きを掛けていくと思います。
まだまだレベルは低いですが、チームとしてはこのまま上昇傾向を維持したいと思います。

岡山R4-4

チーム、ライダーを応援してくれている皆様、いつも本当にありがとうございます。
今後とも応援、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

これからもTEAM TECHNICAは楽しく一歩ずつ階段を上っていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://technica14.blog.fc2.com/tb.php/19-3a13af52

«  | ホーム |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

テクニカマネージャー

Author:テクニカマネージャー
姫路市の中心部にお店を構える、町のバイク屋です。
地元のバイク好きと共に、バイクレースを楽しんでます。

バイク好きだよ!って人は、ぜひ一緒に楽しみましょう。

Let’s enjoy Motorcycle!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。